わが町リポート東播

  • 印刷
拡大

 石の宝殿研究会では、石の宝殿の魅力を発信するためオリジナル「紙芝居」を作成し、出前授業をしている。今回、石の宝殿のある竜山連山の麓の米田西小学校の教壇に立った。

 3年生約80人は、研究会の松村聰さんの紙芝居に集中して見入った。ストーリーは、播磨風土記により、「物部守屋が石の神殿を造りかけたが、崇仏派の抵抗に遭い、横向きの宝殿を起こすことができなかった」というもの。

 生徒たちは数日前、石の宝殿に遠足に行ったばかりで、終了後の質問攻めに松村さんがたじたじになる場面もあった。東博昭会長は「これまで加古川市や阿弥陀小学校で出前授業を行ったが、好評でした。希望があれば連絡ください」と話している。問い合わせは東会長TEL079・432・0426(わが町リポーター・唐津哲男)

わが町リポート東播の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ