わが町リポート東播

  • 印刷
拡大

 40種、150本の梅が植えられている曽根天満宮(曽根町)で3月7、8日、梅まつりが開かれる。雨天決行。

 氏子地区の婦人で構成する敬神婦人会(30人)の主催。勇壮な秋祭りに対し穏やかな春祭りとして定着し、県外からも訪れるようになった。梅の傍らで岩城琢也さん(姫路市大塩町)のしの笛の演奏会(7日は午前10時、11時半、午後2時、8日は午前10時、11時半)がある。

 小梅の入った梅こぶ茶と梅鉢まんじゅうセットが300円で振る舞われる。境内にブースが並び、収穫した梅で作った梅干し、手作りの雑貨、トールペイント、多肉植物などの販売や、ソープカーピングの体験もできる。資料館では写真展も。

 神社は「今年は開花が早く、遅咲きの梅を中心にいつもと違った趣きの梅まつりになりそう」と話している。山電曽根駅から徒歩3分。TEL079・447・0645(わが町リポーター・歌井昭夫)

わが町リポート東播の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ