わが町リポート神戸

  • 印刷
拡大

 【東灘区】おやじたちによる打ち上げ花火ショー 35回目を迎える「ふれあい盆おどり」(渦が森ふれあいのまちづくり協議会主催)が8月3、4日、渦が森小学校(同区渦森台1)で開催された。

 露店を置かず、やぐら太鼓に合わせて参加者に盆踊りを踊ってもらうということが伝統。盆踊りの合間のアトラクションとして、1日目は、同小PTA会長の嶋津芳晃さんが代表を務め、在校生の父親13人で構成された「おやじの会」による打ち上げ花火が行われた。3年連続の出演で、花火に加え今年は和太鼓の演奏も行った。

 「子どもたちのためにお父さんらががんばってんねんな」と見物人たちもよく知っていて、用意された5千500発が打ち上げられるたびに1日だけの花火師たちのひたむきさと熱意に感銘した観客から拍手喝采が起こった。同日、神戸港で大花火大会も開催されていたが、「この規模が見るのにちょうどいい」とカメラで終始撮影していた80代のおじいちゃん。

 地域に愛され、地域を、またそこに育つ子どもたちを愛するおやじたちの仕事は、間違いなく見に来たみんなにとって忘れられない夏の思い出になった。(わが町リポーター・村上明子)

わが町リポート神戸の最新

天気(1月21日)

  • 11℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • -4℃
  • 10%

  • 12℃
  • 1℃
  • 10%

  • 13℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ