連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ときを見つめて 震災25年

  • 印刷
四半世紀を超えて庶民に親しまれる味を届ける=神戸市長田区菅原通1
拡大

四半世紀を超えて庶民に親しまれる味を届ける=神戸市長田区菅原通1

四半世紀を超えて庶民に親しまれる味を届ける=神戸市長田区菅原通1

四半世紀を超えて庶民に親しまれる味を届ける=神戸市長田区菅原通1

 “昭和”を感じさせる、王冠で栓をするタイプのジュース瓶。緑色のラムネ瓶も今や珍しい。銘柄のラベルはどれも薄くなったり擦り切れたり。25年以上使用された風格が漂う。

 阪神・淡路大震災により被害を受けた神戸市長田区の清涼飲料水メーカー、兵庫鉱泉所。震災時、すでに廃業していた同業者仲間から、各社の瓶を受け継いで使っていた。

 地震のとき「倉庫の瓶は互いを支え合うように傾いて、割れなかったんや」と秋田健次代表。現在使う約3万本のうち、3分の1が震災を乗り越えたものだ。

 地元の駄菓子屋や銭湯、飲食店の多くが震災を機に店を閉じ、売り上げは激減した。それでも地域の子どもたちのためにラムネやサイダーなどを製造し続ける。

 再利用される瓶の回収率は9割以上。秋田代表は「戻ってくるのが当たり前やと思ってる」と笑顔で話す。そして、地元で愛されてきた味を、これからも作り続ける。(斎藤雅志)

2020/1/8

天気(4月9日)

  • 17℃
  • 8℃
  • 20%

  • 16℃
  • 2℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ