連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
「1・17のつどい」で描く文字を掲げる藤本真一実行委員長=11日午後、神戸市中央区、東遊園地
拡大
「1・17のつどい」で描く文字を掲げる藤本真一実行委員長=11日午後、神戸市中央区、東遊園地

 阪神・淡路大震災の犠牲者を悼み、神戸・三宮の東遊園地で毎年開かれる追悼行事「1・17のつどい」の実行委員会は11日、会場に竹灯籠などを並べて描く今年の文字が「1995 つなぐ 1・17」に決まったと発表した。文字を公募で決めるのは4年目で、今回は昨年11月以降、県内外から153件が寄せられた。

 昨年は「1995」と「1・17」の間に「伝」と描いたが、今年は「伝」が「つなぐ」の三文字になる。約5千本の竹灯籠などを使い、縦40メートル、横30メートルの規模で文字を形づくる。

 応募の中では「つなぐ」が最多の24件で、ほかに「支える」「忘れない」「希望」などがあったという。実行委員長の藤本真一さん(34)は震災後に生まれた世代からの応募が多かったことを明かし、「震災を神戸の大切な歴史として受け止めた上で、未来に希望を見いだそうとする意志を感じた」と話した。(末吉佳希)

2019/1/11

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ