連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷
竹田地区の魅力を探ったシンポジウム 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム
拡大

竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

  • 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム
  • 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

竹田地区の魅力を探ったシンポジウム 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

  • 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム
  • 竹田地区の魅力を探ったシンポジウム

 兵庫県朝来市和田山町竹田の旧竹田保育所の施設を利用し、関西学院大学(西宮市)のサテライトスタジオが20日、オープンした。昨年11月、朝来市と同大が観光振興などで協力する連携協定を結んでおり、今回のスタジオはその一環。開設を記念し、シンポジウムや内覧会が開かれた。

 協定は、神戸新聞パートナーセンターがコーディネーターを務めた「竹田地域ビジョン会議」に、同大総合政策学部の八木康夫教授が参加したことなどがきっかけで締結された。

 スタジオは保育室の一室を改装。窓枠を広げ、明るく開放的な空間とした。学生の調査活動での会合や寝泊まりなど、さまざまな用途で活用する。通路より高くした床は「縁側」をイメージ。八木教授は「地元の人も気軽に訪れ、腰掛けて学生と語り合ってほしい」と話す。

 20日は近くの竹田地区コミュニティセンターで、地域の魅力を探るパネル討議があり、大阪大学の柏原士郎名誉教授は、黒い瓦屋根で統一された竹田の町並みについて「都市部にはない素晴らしい景観。こうした地域の『宝』をじっくり探してほしい」と呼び掛けた。

 朝来市の木村吉宏市長公室長は「若い人の目線で、町や観光のあり方を提言してほしい」と学生に期待を寄せた。(長谷部崇)

(写真説明)保育室を改装した関西学院大のサテライトスタジオ=いずれも朝来市和田山町竹田

2017/5/21

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 10%

  • 29℃
  • 17℃
  • 10%

  • 30℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ