連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷
投資家に事業案を発表する起業家=神戸市中央区浪花町
拡大

投資家に事業案を発表する起業家=神戸市中央区浪花町

投資家に事業案を発表する起業家=神戸市中央区浪花町

投資家に事業案を発表する起業家=神戸市中央区浪花町

 ITベンチャーを支援する神戸市の「神戸スタートアップオフィス事業」で、起業家が事業案を発表する「デモデイ」が20日、神戸市中央区であった。

 同事業は、神戸新聞社と関西学院大が運営を担う。昨年末の審査会で選ばれた5社が約3カ月間、ミント神戸(同市中央区)のオフィスを拠点に、活動資金と専門家の助言などを受けながら事業案を磨いてきた。

 この日は、5社のトップが投資家ら約120人を前に説明。いずれもウェブサイトを活用した事業で、試供品を提供するメーカーと配布場所の仲介▽健康的でおいしい飲食店の紹介-などの案が披露された。

 不動産情報を業者間で共有する案を発表した島大介さん(23)は「イベントを通じて培ったつながりを生かし、着実に事業を成長させたい」と話していた。(長尾亮太)

2017/4/22

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ