連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

 兵庫県朝来市は18日、住民代表らと地方創生を考える2回目の「市創生会議」を開いた。観光面では「竹田城跡以外の魅力を掘り起こすべき」という意見が複数聞かれた。

 同市は、生野鉱山の日本遺産認定へ向けた取り組みなどを説明。地域おこし協力隊の吉原剛史さんは「朝来は人や食材、歴史、自然など魅力が多い。人を呼び込めるはず」と話した。一方、移住者の受け入れについては、空き家が市内に約1千軒あるにもかかわらず、空き家バンクで紹介できるのが5軒にとどまるなどの課題が報告された。

 今回から太田貞夫・神戸新聞パートナーセンター長ら4人が委員に加わり、計13人となった。同市は議論をもとに、10月にも総合戦略を取りまとめ国に提出する。(浅野広明)

2015/5/19

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ