動画一覧

乗り物
  • 印刷

 初春の柔らかな日差しが降り注いだ24日、神戸市中央区の神戸港に春の入港シーズンの到来を告げる大型客船が姿を現した。同市東灘区の六甲アイランドでは、色鮮やかなチューリップが街を彩るイベントが始まり、市民らが新しい季節の訪れを楽しんだ。(田中宏樹、津田和納)

 神戸港・神戸ポートターミナル(神戸市中央区)には早朝、アジアを航行する客船で最大級とされる「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(16万8666トン)が入港した。朝の陽光に照らされた純白の船体を見上げ、見学者らは「大きいなあ」と目を丸くした。

 同船は全長348メートル。乗客約4800人のうち、約8割が中国人という。


天気(8月12日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ


乗り物

自動運転バス実験開始へ 出発式に100人 三田

2020/7/19 23:00

 経済産業省などによる中型自動運転バスの実証実験が20日から始まるのを前に、関係者による出発式が19日、ウッディタウン市民センター(兵庫県三田市けやき台1)で開かれた。実験に参加する企業や運行する神姫バス、地元自治会などから約100人が参加。式典後には出席者が試乗し、ウッディタウン中央駅を発着する1周6キロのコースを、最高時速35キロほどで走行した。

動画リスト