動画一覧

乗り物
  • 印刷

 兵庫県姫路市と岡山県新見市を結ぶJR姫新線に親しんでもらおうと、車両基地の見学会が26日、JR西日本姫路鉄道部余部車両基地(姫路市飾西)であった。親子連れら約130人が訪れ、普段は入れない舞台裏で車両の模擬運転などに挑戦した。見学会は、沿線自治体でつくる「姫新線利用促進・活性化同盟会」が毎年企画。姫新線開通80周年の今年は、太市連合自治会が初めて竹細工体験のブースを出して参加した。


天気(8月12日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ


乗り物

自動運転バス実験開始へ 出発式に100人 三田

2020/7/19 23:00

 経済産業省などによる中型自動運転バスの実証実験が20日から始まるのを前に、関係者による出発式が19日、ウッディタウン市民センター(兵庫県三田市けやき台1)で開かれた。実験に参加する企業や運行する神姫バス、地元自治会などから約100人が参加。式典後には出席者が試乗し、ウッディタウン中央駅を発着する1周6キロのコースを、最高時速35キロほどで走行した。

動画リスト