動画一覧

朝録
  • 印刷

日本三大夜景の展望スポット、神戸市灘区の摩耶山・掬星台では、早朝、東の空に厳寒期ならではの「かぎろい」が見られた。墨色の空が青く、やがて赤く。つかの間、光のドラマが繰り広げられる。阪神・淡路大震災から間もなく20年。当時、広範囲の停電で闇に覆われた街は、震災以前より輝きを増した。朝を迎える間際、鮮やかな空のグラデーションと、地上の星が競演する。(BGMは「甘茶の音楽工房」より)