医療

長寿の作法
医療や福祉現場で活躍する人々が、健康寿命を延ばす工夫を紹介します。
  • 印刷
北島一宏さん
拡大
北島一宏さん
PET検査の画像。オレンジ色に光っているのがFDGで、リンパ節と骨への転移を示す=西宮市武庫川町、兵庫医科大
拡大
PET検査の画像。オレンジ色に光っているのがFDGで、リンパ節と骨への転移を示す=西宮市武庫川町、兵庫医科大

 私は、患者さんを直接は診察しない「放射線診断医」です。微量の放射線を出す薬を注射して、がんなどを調べる陽電子放射断層撮影(PET)を使った検査を行っています。コンピューター断層撮影(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)が臓器などの形態の異常で病巣を見つけるのに対し、PETで見るのは「代謝」の違いです。

 がん細胞は増殖するスピードが速く、ブドウ糖を正常な細胞よりも多く消費する特徴があります。そこで、ブドウ糖と同じような働きをし、微量の放射線を出すFDGという薬を注射します。がん細胞はどんどん糖を代謝して取り込むので、放射線を見ればがんが体のどこにあるのかが分かるのです。

 現在、大抵PETといえば、CTと一体型になったPET-CTのことを指します。CTを併せて撮ることで、がんがどこにあるのかがPET単独よりもよく分かるようになりました。放射線の被ばく量も健康被害を考えなくていい程度しかありません。

 PETで、よく行われるのは、がんと診断された患者が治療方針を決める際に転移の有無を調べる検査です。骨などに転移があれば手術しにくくなるからです。

 手術や化学療法、放射線で治療した後に検査し、再発や治療効果の判定に使うこともできます。CTなどは腫瘍のサイズの変化を見ますが、糖代謝はサイズよりも早く変化が表れるのです。効果がない治療で副作用だけが続く状況をより早く見つけ、患者個々に応じた治療を行うことが可能になります。

 健康長寿のために、がん検診としても受けることができます。全身をくまなく評価することができるのが長所です。ただ、検診は保険がきかないため約10万円と高く、半日ほど時間がかかります。それにFDGが集まりにくいなどの理由で胃がんや前立腺がんなど見つけにくいがんもあり、内視鏡や超音波、MRIなどほかの検査も受けることが欠かせません。それでもがんを早期発見したい人にとってはいいでしょう。

 PETでは1立方センチ未満の病変は検出が難しく、1センチ以上であっても見つからないことがあります。内視鏡が嫌で、PETだけ受けるというのは少し危険です。今後、技術の進歩で、より小さながんでも見つけられるようになることを期待しています。(聞き手・森 信弘、協力・兵庫県予防医学協会)

【きたじま・かずひろ】1976年、西宮市生まれ。神戸大医学部卒。同学部放射線科講師を経て2015年から現職。専門は核医学。PETを使って腫瘍の診断をしている。神戸市西区在住。

北島さんが勧める三つの作法

一、PET検診は、内視鏡や超音波、MRIなどと併せて

一、がんの転移有無は、PET検査で確認を

一、PET検査でがんの再発チェックや治療効果判定を

PETが得意とするがん

 甲状腺がん、頭頸部がん、乳がん、肺がん、食道がん、大腸がん、膵(すい)がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などは、がん検診目的のPET検査でも見つかりやすい。

長寿の作法の新着写真
長寿の作法の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ