生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 アスベスト(石綿)の飛散防止対策を強化する改正大気汚染防止法が29日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。原則として全ての建物について解体・改修の前に業者が石綿の有無を調べ、都道府県などに報告することを2年以内に義務化する。

 現在は石綿が含まれない場合は報告義務がなく、業者の見落としなどが原因で飛散するケースがあった。改正後は業者の報告を行政がチェックする。石綿をセメントで固めたスレートなどの建材も新たに規制するため、飛散防止策が必要な解体・改修工事は、現在の年約1万6千件が5~20倍に増える見込み。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 30℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 90%

お知らせ