東播

  • 印刷
「びぃぷらす高砂」の看板を書いた高砂南高校の由良綾菜さん(左から2人目)、森園佳奈さん(同3人目)と、施設スタッフ=高砂市高砂町鍛冶屋町
「びぃぷらす高砂」の看板を書いた高砂南高校の由良綾菜さん(左から2人目)、森園佳奈さん(同3人目)と、施設スタッフ=高砂市高砂町鍛冶屋町

 高砂南高校書道部の2人が6日、兵庫県高砂市高砂町鍛冶屋町の銀座商店街内にあるコミュニティースペース「びぃぷらす高砂」で筆を振るい、長さ約80センチ、幅約25センチの木板に「びぃぷらす」としたためた。

 同スペースは東播地域のコミュニティー放送局「BAN-BANネットワークス」が運営。江戸時代に高砂染を作っていた尾崎家旧宅を改装した「高砂や」の1階に入る。古民家の外観に合わせた看板を作ることになり、同部に依頼した。

東播の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 1℃
  • 30%

  • 9℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

お知らせ