東播

  • 印刷
両親らが見守る中、鼻をつままれる男児=大歳神社
両親らが見守る中、鼻をつままれる男児=大歳神社

 鼻をつまんで泣かせた男児の健やかな成長を祈る神事「なんなる」が3日、兵庫県高砂市北浜町西浜の大歳神社であった。古来から西浜地区に伝わる風習で、毎年この日に行われている。今年は4人の男児が参加し、元気よく泣く姿を家族らが笑顔で見守った。

 前年生まれの男児が対象。近年は親が同地区出身の子どもも参加している。神事の由来は、男児が神隠しのように姿を消すことに村中が困惑し、泣き声を覚えた神様に守ってもらおうとしたことが始まりと伝わる。語源は「難がなくなる」がなまったなどの説があるという。

東播の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 1℃
  • 30%

  • 9℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

お知らせ