東播

  • 印刷
ネズミをあしらった絵馬を奉納した園児たち=荒井神社
ネズミをあしらった絵馬を奉納した園児たち=荒井神社

 兵庫県高砂市荒井町千鳥2の荒井神社内にある保育園「白兎愛育園」の児童たちが、来年のえと「子」にちなみ、ちぎり絵で作ったネズミの絵馬を同神社に奉納した。拝殿前に飾られ、元旦の初詣客を出迎える。

 絵馬の奉納は5年前から続けている。高さ約1・7メートル、幅約1・8メートル。「子」の文字と2匹のネズミを組み合わせたデザインは保育士が手掛けた。穏やかな表情で寝ている1匹と楽しそうに遊んでいる1匹を描き、全園児91人が文字の回りや図柄に和紙をちぎって貼り付け、約1カ月かけて完成させた。

東播の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 1℃
  • 30%

  • 9℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

お知らせ