東播

  • 印刷
調査や分析内容を中間報告する甲南大の学生たち=加古川市役所
調査や分析内容を中間報告する甲南大の学生たち=加古川市役所

 兵庫県加古川市内の企業や行政が抱える課題について、甲南大(神戸市東灘区)の学生が解決策を提案する「加古川『知』を結ぶプロジェクト」の中間報告会が7日、加古川市役所で開かれた。経済、経営学部などのゼミ生らでつくる5チーム40人が、調査やアイデアづくりの進捗状況を発表した。(小森有喜)

 加古川市と甲南大が主催し、神戸新聞社が協力している。2016年度から取り組む事業で4回目。学生たちは今夏から、企業の社員や市職員へのヒアリング、地元住民らへのアンケートを重ねてきた。この日は、各チームが持ち時間13分で発表した。

東播の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ