東播

  • 印刷
「女性の力で商工業を盛り上げたい」と話す関千咲会長(左)と、記念式典に向け話し合う女性会メンバー=加古川市加古川町溝之口
拡大
「女性の力で商工業を盛り上げたい」と話す関千咲会長(左)と、記念式典に向け話し合う女性会メンバー=加古川市加古川町溝之口

 女性経営者や役員らが集まる「加古川商工会議所女性会」(兵庫県加古川市)が今年、設立30周年を迎え、24日に記念式典を開く。現在、会員は57人。設立当初に比べ代表者や起業家が増えているという。関千咲会長(52)=倭坊取締役=は「会員同士で研さんを深め、女性から地域の商工業を活気づけたい」と話し、ビジネスプランコンテストなどの企画にも意欲を見せる。

 同会は1989年10月、「加古川商工会議所婦人部」として42人で設立。会員の資質向上を目的としたセミナーや、地場産業PRとチャリティーを兼ねた恒例の「靴下まつり」などに取り組んできた。会員数は20年前の約110人からは減少したが、経営への関与度が高い会員が増え、現在は代表者が4割を占める。

 関会長は「若い新入会員が増え、ユニークな事業を展開する経営者や起業家など、メンバーがバラエティーに富んできた」と話す。会員同士で経営課題を相談し合い、中には取引につながるケースもあるという。設立当初からは社会環境も変化し「女性だから事業がしにくい、ということはなくなった」と話す。

 女性会は昨年、大津市で開かれた女性向けビジネスプランコンテストを視察。同様のコンテストを加古川市でも開き女性経営者らを支援するよう市に提言した。関会長は「元気な女性経営者が増えれば、地域の商工業が活気づく。今後も仲間を増やしていきたい」と意気込む。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ