東播

  • 印刷
ニシカワ食品の「鬼追い饅頭」
拡大
ニシカワ食品の「鬼追い饅頭」

■兵庫県加古川市 ニシカワ食品の「鬼追い饅頭」

 ニシカワ食品といえば、おなじみのニシカワパン。半世紀以上のロングセラーである菓子パン「フラワー」を口にした人は多いはず。でも、実はパンだけでなく、和菓子も製造していることは、それほど知られていない。

 本社工場そばの直営店ストレートショップ。何種類ものパンが並ぶ中で、「鬼追い饅頭」が異彩を放つ。26年前、同社が和菓子店「松風堂」を出店した際に誕生。古刹・鶴林寺の伝統行事で、赤鬼と青鬼が登場する「鬼追い」儀式にちなんで名付けられた。

 製パン会社の和菓子と侮るなかれ。薄皮に包まれたこしあんはきめ細かい舌触りで、甘みがじんわりと口中に広がる。意外性はないけれど落ち着く味。同社営業部の丹羽拓史さん(47)は「素朴さが魅力。時代には流されません」と胸を張る。超ロングセラーとなりそうな予感。(切貫滋巨)

【加古川市の公務員 あんこ(49)】

 甘いものが苦手な私ですが、これだけは別。ほんのり甘い薄皮とこしあんの組み合わせはもう最強。いくらでも食べられます

【メモ】1個50円(税別)。箱入り10個530円。防腐剤を使っていないため、日持ちは最短で2日。毎週日曜は2割引。直営3店舗のうち、販売は「ストレートショップ」のみ。午前7時~午後6時半。定休日なし。加古川市野口町長砂799。TEL079・426・8781

東播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ