東播

  • 印刷
登幸人市長から祝い状を受け取った市内最高齢の古門チヱコさん=高砂市
登幸人市長から祝い状を受け取った市内最高齢の古門チヱコさん=高砂市

 兵庫県高砂市の登幸人市長が27日、同市に住む市内最高齢者の古門チヱコさん(106)を訪れ、長寿を祝った。敬老の日にちなんで、毎年9月に行っている。

 古門さんは1913(大正2)年生まれ。自分でいすに座ることができ、長生きの秘けつはテレビを字幕付きで見て、好きなものを食べることという。自宅を訪問した登市長は、祝い状と、記念品として竜山石製の一輪挿しを手渡した。「来年も訪れることを楽しみにしています」と声を掛けると、古門さんはうれしそうにうなずいた。

東播の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ