東播

  • 印刷
自転車の利用者に施錠を呼び掛ける加古川署員=加古川市加古川町篠原町
拡大
自転車の利用者に施錠を呼び掛ける加古川署員=加古川市加古川町篠原町

 今年に入って兵庫県の東播2市2町で発生した自転車盗計459件のうち、被害の約7割が無施錠の自転車だったことが分かった。加古川、高砂署は「わずかな時間でも必ず鍵を掛けて」と呼び掛けている。

 今年1~8月、東播地域で発生した自転車盗の被害は、加古川署管内(加古川市、稲美、播磨町)376件、高砂市内83件で、昨年同期より31件増加。このうち、約66%に当たる305件が無施錠だった。

 盗難は、商業施設や集合住宅のほか、駅周辺の駐輪場でも目立つという。東播地域にある公設の駐輪場32カ所のうち、防犯カメラが設置されているのはJR土山駅南側の1カ所のみ。一戸建て住宅の庭や玄関先から、留守中や夜間に盗まれる例もある。加古川署生活安全1課の多田和正課長は「鍵を掛けるのが一番の対策。たった数分、目を離したすきに盗まれたという人もいる」と注意喚起する。

 2署は、備え付けの鍵のほかにワイヤ錠などを付ける「ダブルロック」を勧める。加古川署は8月下旬、無料駐輪場があるJR加古川駅前で自転車の利用者にワイヤ錠を配布するなど、啓発活動に取り組んでいる。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ