東播

  • 印刷
登幸人・高砂市長=高砂市役所
拡大
登幸人・高砂市長=高砂市役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 播磨臨海地域道路について、国土交通省が4ルート案を提示した。兵庫県加古川市にジャンクション(JCT)をつくる内陸ルートと沿岸ルート、同県明石市にJCTをつくる内陸ルートと沿岸ルート。東播4市町の首長をインタビューし、どう受け止めているかを聞いた。

 -高砂市にとって播磨臨海地域道路の必要性は。

 高砂市内の東西方向の幹線道路は姫路・加古川バイパスがあるが、長時間の渋滞が慢性的になっている。明姫幹線など既存の道路では交通量を担いきれない。渋滞の影響は物流コスト増につながり、改善しないといけない。臨海部の企業の存続にかかわる。

 市民にとっても利便性が上がる。今は企業に行き来する車両が住宅街を走る。その解消も一つの効果だ。

 -高砂市の臨海部の企業からは、ルートに対して要望が上がっている。

 今回のルート案について、まずはやっとここまできたという思いだ。現実的な案が示された。内陸ルート、沿岸ルートの2案は、企業の要望を組み入れた形で示されたと受け止めている。今後は1案に決めないといけないが、市としてそれぞれ意見がある団体や国県と十分協議をしていく。

 -内陸になると企業の工場地帯を通る。

 具体的なルートが出ていないが、工場の敷地の真ん中を通ることはないのではないか。生産活動に影響が出てしまう。工場敷地の付近を通るとしても企業の理解を得ないといけない。協議の上で合意に努力していく。工場と住宅地が隣接しているので、地域住民の理解をどう得るかも考えないといけない。

 -国への要望は。

 まずは早期実現。高砂市内に東西2カ所のインターチェンジ設置を要望している。内陸の場合、接続ルートの用地確保が課題。知恵を絞らないといけない。

 -明石市の泉房穂市長は明石を起点とする2ルート案に難色を示している。

 明石市は播磨臨海地域道路網協議会に入っている。課題があれば、明石市だけでなく、協議会全体で取り組んでいく。(聞き手・若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ