東播

  • 印刷
開会式で選手宣誓する伊保セブンの福永彪駕主将=高砂市野球場
拡大
開会式で選手宣誓する伊保セブンの福永彪駕主将=高砂市野球場

 2019年高砂市スポーツ少年団秋季軟式野球大会JA兵庫南組合長杯(神戸新聞社など後援)が1日、兵庫県高砂市米田町島の市野球場で開幕した。市内の少年軟式野球チーム12チーム約190人が出場し、1、2回戦計8試合が行われた。

 市スポーツ少年団の主催。児童の健全育成を目的に毎年開催している。

 開会式では、入場行進の後、伊保セブンの福永彪駕主将(12)が「日ごろ支え合い、励まし合ってきた仲間との絆を胸に、一球一球全力でプレーすることを誓います」と宣誓した。試合は同球場と向島多目的球場(同市高砂町向島町)であり、選手たちは攻守にはつらつとしたプレーを見せた。

 準決勝2試合は7日に高砂市野球場で、決勝は14日に向島多目的球場で予定している。優勝チームは12月に尼崎市である「県スポーツ少年団総合球技大会」の軟式野球の部に出場する。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ