丹波

  • 印刷
花弁を開き始めたハナショウブ=三ツ塚史跡公園
花弁を開き始めたハナショウブ=三ツ塚史跡公園

 近畿地方の梅雨入りを前に、兵庫県丹波市市島町上田の三ツ塚史跡公園で、ハナショウブが開花した。同市シルバー人材センターの会員が連日草刈りに汗を流し、花を観賞しやすい環境を整えている。管理する同市教育委員会によると、6月中旬まで楽しめそうという。

 同公園は、白鳳(はくほう)時代の7世紀後半に建てられた寺院跡に整備された。約2千平方メートルのしょうぶ園には、約1600株のハナショウブが植えられている。今年は5月下旬から花が咲き始め、濃い紫や、白と薄紫のまだら模様の品種などが大きな花弁を垂らしている。

丹波の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 30℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 90%

お知らせ