丹波

  • 印刷
さまざまな木々や草花が並ぶ会場=道の駅丹波おばあちゃんの里
拡大
さまざまな木々や草花が並ぶ会場=道の駅丹波おばあちゃんの里

 道の駅丹波おばあちゃんの里(兵庫県丹波市春日町七日市)で4日、植木・花即売市が始まった。大きさを誇る木々からかわいらしい花の苗まで、多種多様な植物が並ぶ。5日まで。

 市内の造園会社でつくる市造園緑化組合が、毎年春に開いている。今回は組合メンバーの28社が参加したという。

 会場には、さまざまな植木や草花が用意された。枝ぶりが見事なマツやソヨゴといった木々をはじめ、カタクリをはじめとする山野草、スイートピー、マリーゴールドのカラフルな苗などが置かれ、来場者の目を引いていた。また、園芸用品の販売や刃物研ぎのブースも設けられた。

 同市の男性(65)はオダマキの苗を購入。「この後帰ったら庭に植える。花が好きなので、5日も行きたいと思う」と笑顔だった。

 午前9時~午後5時。(川村岳也)

丹波の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ