丹波

  • 印刷
家庭で雑がみをためてもらう「雑がみ回収促進袋」=丹波篠山市役所
拡大
家庭で雑がみをためてもらう「雑がみ回収促進袋」=丹波篠山市役所

 お菓子の紙箱や紙袋、包装紙など「雑がみ」の回収数を増やそうと、兵庫県丹波篠山市では「雑がみ回収促進袋」を作って全戸配布している。家庭でためた雑がみを市の「資源ごみ拠点回収」に持ち込んでもらい、紙の再利用につなげる狙い。

 拠点回収は毎月第2水曜、市役所本庁舎と各支所で午前7~10時、市清掃センターで同8時半~同10時に実施している。雑がみや新聞、雑誌、段ボール、びん、蛍光灯、電池などを無料で回収しているが、訪れるのは月に計200人程度という。

 昨年8月、市女性委員会が「雑がみ回収を増やして資源化を進めよう」と回収用袋の作成を市に提案した。市はそれを受け、「雑がみ回収」と書いた白い紙袋2万枚を作って全世帯に配布。家庭に置いて雑がみをため、拠点回収に持ち込んでもらう。回収袋は各自が再利用する。

 市市民衛生課は「資源ごみ拠点回収を利用したことがない人も、この袋をきっかけに足を運んでみてほしい」としている。同課TEL079・552・6253

(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ