丹波

  • 印刷
署長感謝状を受け取る尾松理沙さん=丹波市柏原町柏原、丹波署
拡大
署長感謝状を受け取る尾松理沙さん=丹波市柏原町柏原、丹波署

 機転を利かせて、特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警丹波署は10日、市島郵便局(丹波市市島町市島)の局員、尾松理沙さん(19)に署長感謝状を贈った。

 同署などによると2月25日、同市在住の50代男性が同局を訪れ、「20万円を振り込みたい。口座に5千万円が入るようにしてほしい」などと窓口で申し出た。対応した尾松さんは不審に思い、男性から話を聞くとともに上司に連絡。上司が同署に伝え、駆け付けた同署員が男性を説得して被害を防いだ。

 男性の元には2月24日、「5千万円が当選した」というメールが届いており、男性が画面をクリックすると電話番号が表示された。男性が電話をしたところ、「(受け取るための)会員登録に20万円が必要」などと言われたという。

 尾松さんは昨年就職したばかりといい「まさか自分が対応するとは思わなかったが、研修で習った通りにできた。被害を止められて良かった」と話した。同署の●橋浩樹署長も「業務の中で声を掛けるのは勇気が要ること。1例でも止めてくれてありがたい」とたたえた。(川村岳也)

(注)●は高の異体字 はしご高

丹波の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ