丹波

  • 印刷
荻野憲夫さんが丹精した梅。黒井城跡(奥)を背景に能楽の舞台を設ける=丹波市
荻野憲夫さんが丹精した梅。黒井城跡(奥)を背景に能楽の舞台を設ける=丹波市

 兵庫県丹波市の建設会社経営、荻野憲夫さん(71)が自宅の庭で長年丹精してきた梅の木26本が見頃を迎え、21日、初めて庭を公開する。ライトアップをするほか、黒井城跡を背景にして舞台を設置。能楽師の上田敦史さん(46)=同市=が、同城主・荻野(赤井)直正を題材にした新作能「直正」を披露する。

 子どもの頃から植木が好きだったという荻野さんは、約40年前から、改築の顧客らが不要になって手放した梅の木を持ち帰り、手入れをしてきた。せん定や肥料、消毒を学ぶため、国の特別名勝、兼六園(金沢市)に足を運び、庭師に教えを請うたこともあるという。

丹波の最新
もっと見る

天気(3月30日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 40%

  • 16℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ