丹波

  • 印刷
樹木の伐採工事を進める業者ら=黒岡川
拡大
樹木の伐採工事を進める業者ら=黒岡川

 兵庫県丹波篠山市の市街地を流れる黒岡川で、無許可で植えられた樹木などが豪雨時に水の流れを妨げ、洪水被害が生じる恐れがある問題で、丹波県民局は19日、樹木の伐採や除草などの工事に着手した。

 県民局によると、近隣の一部住民が無許可で植えた樹木や堆積した土砂などの影響で、水の流れが4割ほど阻害されている。2017年には地元の篠山地区自治会長会から、伐採の要望書が提出されていた。

 工事初日には職員や業者ら約30人が参加。来迎寺橋(同市黒岡)付近から作業を始め、植樹されたアジサイの低木や生い茂った草を刈って集め、重機でトラックに積み込んだ。今後、約2カ月かけ、篠山川合流点付近(同市南新町)まで進める。

 事業費は約600万円。11月以降には河川内に堆積した土砂の撤去も行う。(藤森恵一郎、綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ