丹波

  • 印刷
多彩な夢が描かれたあんどん=かどのの郷
拡大
多彩な夢が描かれたあんどん=かどのの郷

 兵庫県丹波市氷上町上新庄の「かどのの郷」で8日、冬祭りが開かれた。地元の西小学校に通う児童たち約140人の夢が描かれたあんどんが並び、ぼんやりと浮かび上がった明かりが会場を照らしていた。

 地元住民らでつくる実行委や葛野報徳自治振興会が主催。冬にも住民が集える機会を設けようと、2006年から開かれている。今年はあんどんのほか、餅まきやバザー、花火大会が行われた。また同地区出身で親孝行で知られる森安小春さんに関する展示もあった。

 あんどんには、保育士やプロ野球選手など、カラフルに描かれた多彩な夢が並んだ。中には、「YouTuberをやってみたい」や「ゲームマスターになりたい」など時代を表す夢や、「平和に暮らす」、「自分らしく過ごす」など達観した夢も。訪れた人たちは、「かわいいなあ」と目を細めながら一つ一つあんどんを眺めていた。

 「パイロットになりたい」という夢を描いた同小5年の男児(10)は「飛行機に桜のマークを描いたのが気に入っている。お母さんを乗せてエジプトとかに行ってみたい」と笑顔だった。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ