丹波

  • 印刷
エアーチゼルを使い、化石の剖出を模擬体験する参加者たち=丹波並木道中央公園
拡大
エアーチゼルを使い、化石の剖出を模擬体験する参加者たち=丹波並木道中央公園
エアーチゼルを使い、化石の剖出を模擬体験する参加者たち=丹波並木道中央公園
拡大
エアーチゼルを使い、化石の剖出を模擬体験する参加者たち=丹波並木道中央公園

 化石に付着した岩石をそぎ落とす「剖出」の模擬体験講座が24日、兵庫県丹波篠山市西古佐の丹波並木道中央公園であった。阪神や播磨地域から中学生ら5人が参加し、専用器具を使ってサメの歯の化石を石こうから削り出した。

 講座は、化石調査の体験を通じ、丹波竜など数多くの化石が見つかっている篠山層群について知ってもらおうと、2018年度から開かれている。同市や丹波市、県などでつくる丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム推進協議会による企画。

 顕微鏡をのぞいた参加者たちは、先端の針が空気圧で前後する「エアーチゼル」を慎重に操り、化石に傷を付けないように石こうを削った。篠山層群での化石調査の現状なども学んだ。

 大阪府高槻市の中学2年の男子生徒(14)は「将来、古生物学者になりたくて参加した」といい、「細かい作業なので、テスト勉強より集中して取り組みました」と充実感をにじませた。(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ