丹波

  • 印刷
白菜やニンジンなど、品評会に出品された農産物がずらりと並んだ=丹波篠山市北新町
拡大
白菜やニンジンなど、品評会に出品された農産物がずらりと並んだ=丹波篠山市北新町

 秋の収穫を楽しむ「第18回ふるさと農業まつり」が23日、兵庫県丹波篠山市北新町の大手前南駐車場であった。黒豆や山の芋、小豆などの品評会があり、優れた農産物が会場にずらり。飲食ブースも市民や観光客らでにぎわった。

 市や市農業委員会、JA丹波ささやまでつくる実行委員会が主催。地元の農業団体や篠山産業高校生らが出店した。

 品評会にはJAを通じて市内の農家が出品。さやのたっぷり付いた黒大豆や丸く膨らんだ山の芋、きめ細かい小豆などが並んだ。どっしりとした白菜、すらりと伸びたニンジンなど一般野菜部門の展示即売もあり、訪れた人は大きさや色づきを見比べた。神戸市北区の自営業の女性(54)は「近所のスーパーでは見ないような立派な野菜ばかり」と驚いていた。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 35℃
  • 22℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ