丹波

  • 印刷
「通学合宿」で寝食を共にする大芋地区の子どもたち=福井公民館
拡大
「通学合宿」で寝食を共にする大芋地区の子どもたち=福井公民館

 兵庫県丹波篠山市大芋地区の小学生15人が福井公民館(同市福井)で寝起きし、共に学校へ登校する「通学合宿」が26~28日に開かれた。机を並べて夕食を食べたり、地区内の民家で風呂を借りる「もらい風呂」を味わったり、普段と違う2泊3日を楽しんだ。

 大芋活性化委員会や神戸大学サークル「おくものがたり」などでつくる実行委員会が毎年秋に開催しており、11回目。通学合宿は県の「子どもの居場所づくり推進事業」として県内各地で始まり、市内では現在4地区で続いている。

 26日夕方、子どもたちはランドセルや着替えを持って福井公民館に集合し、一緒に宿題をしたり遊んだりした。夕食は地元女性グループが作ったチキンライスやサラダなど。広間に机を並べ、みんなで食べた。夜は6グループに分かれ、地区内の民家で風呂に入れてもらう「もらい風呂」。翌朝は公民館から一緒に多紀小学校へ登校した。

 大芋地区では約20人の小学生が暮らし、毎年多くが参加。中高生が加わる年もあるという。6年の女児(12)は「1年のときから参加しているけど、ご飯もお風呂も全部楽しい」と笑顔だった。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ