丹波

  • 印刷
鳳鳴会館に飾られた学生の作品。絵画やデコレーションした椅子など個性的な作品が並ぶ=丹波篠山市河原町
拡大
鳳鳴会館に飾られた学生の作品。絵画やデコレーションした椅子など個性的な作品が並ぶ=丹波篠山市河原町

 兵庫県丹波篠山市河原町にある妻入商家群で14日、工芸品や芸術作品の鑑賞、まち歩きが楽しめる「クラフト&アート丹波篠山『いらか』」が始まった。訪れた観光客らは、江戸時代に建てられた町屋などとアートとの融合を楽しんでいた。期間は14~16日と21~23日。

 作家や地元商店主らでつくる「篠山まちなみ未來展運営委員会」の主催で2回目。今年は神戸大学、兵庫教育大学大学院、京都市立芸術大学の学生によるアート展や、地元作家らによる作品の展示販売がある。

 会場には、海の生き物を表現した焼き物や細かく書き込まれた人物画、器やアクセサリーなど多様な作品がずらり。観光客らは「よく作り込まれている」など言葉を交わし見入っていた。神戸市北区から訪れた会社員の男性(53)と女性(49)は「建物の雰囲気と作品が合っていて良い。興味がある作品が多いです」と笑顔だった。

 鉾山集会所では、新聞紙や雑誌などでできた木のオブジェをマスキングテープで飾るワークショップも開催。最終日に出来上がったものを展示するという。

 午前10時~午後5時。運営委事務局TEL079・552・2524

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ