丹波

  • 印刷
左手でピアノ、ハーモニカを演奏する桂む雀さん(中央)を、タレントの山田雅人さん(右)とアナウンサーの三代澤康司さん(左)が見守った=四季の森生涯学習センター
拡大
左手でピアノ、ハーモニカを演奏する桂む雀さん(中央)を、タレントの山田雅人さん(右)とアナウンサーの三代澤康司さん(左)が見守った=四季の森生涯学習センター

 右半身不随の落語家、桂む雀さん(58)と友人らによる「第9回フレンドシップコンサート」がこのほど、兵庫県丹波篠山市網掛の四季の森生涯学習センターで開かれた。む雀さんは左手でハーモニカやピアノを演奏し、明るい音で約500人の観客を魅了した。

 む雀さんは2005年、ラジオ番組の収録中に脳梗塞で倒れ、後遺症のため右半身が不随に。言語障害も残ったが、兄弟子の勧めでハーモニカを練習し、左手で演奏活動を行う。

 コンサートは、落語会を通じて以前から交流のあった丹波篠山市民らが「桂む雀さんを勝手に応援する会」を結成し、同市今田町黒石のそば店「ねじき蕎麦 時夢館」との共催で11年から毎年開いている。同店で練習するハーモニカグループ「にじいろハーモニー」も出演した。

 む雀さんはハーモニカで「小さな世界」「聖者の行進」などを演奏。さらにハーモニカを吹きながらピアノで「きらきら星」を奏で、歌も歌った。む雀さんの友人でタレントの山田雅人さんも駆け付けて応援。「上へ上へと進もうとするのが芸人む雀ですよ」「人に恵まれているね」と呼び掛けると、む雀さんは「そうやね」と笑顔で答えていた。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ