丹波

  • 印刷
育てたブドウとメロンを持って来場を呼び掛ける生徒たち=篠山産業高校
拡大
育てたブドウとメロンを持って来場を呼び掛ける生徒たち=篠山産業高校

 篠山産業高校(兵庫県丹波篠山市郡家)の生徒が育てたブドウとメロンが5、6日と10~13日に同校農場管理棟で販売される。収穫数が少なく、例年すぐに完売するブドウ「ベリーA」は今年で最後の販売になる。

 同校農と食科の2年生約40人が4月から栽培。猛暑や雨の日でも交代で世話をし、ブドウの実を大きくする上に種なしにするジベレリン処理を1房ずつ行った。

 今年は梅雨前まで冷え込み、その後は高温が続いたため、ブドウの色乗りは悪いが、糖度は十分にあるという。メロンもよく育った。例年人気のベリーAは木が弱り、品種の交代が必要なため、今年で栽培をやめる。

 販売に向けて生徒たちは世話や準備を進めており、同科2年の女子生徒(17)は「丹精して育ててきたので、たくさんの人に来てもらえたら」と話していた。

 ベリーA2キロ千円、ピオーネ2キロ2200円。メロンは重さで値段が変わり、1玉1400円から。午後3時40分から同5時までで、売り切れ次第終了。同校TEL079・552・1194

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ