丹波

  • 印刷
丹波地域の医療課題について意見を交わす医学生たち=丹波医療センター
拡大
丹波地域の医療課題について意見を交わす医学生たち=丹波医療センター

 医学生が地域医療の現場を体感するセミナーがこのほど、2泊3日の日程で、兵庫県丹波市内で開かれた。学生13人が参加し、2日目の23日は丹波医療センター(丹波市氷上町石生)で丹波地域の医療課題についてグループ討議に取り組んだ。

 神戸大学大学院地域医療教育学部門などが県内各地で毎年企画している「地域医療夏季セミナー」。卒業後に県内のへき地医療に携わる「県養成医学生」らを対象とし、今年は7地域で開催した。丹波地域は、神戸、兵庫医科、和歌山県立医科、岡山、自治医科(栃木)、鳥取の6大学から参加者があった。

 学生たちは、ホームステイや農業体験などで地元住民との交流も深めた。23日にあったグループ討議ではホームステイ先の住民や先輩医師から聞いた話などを基に、地域医療の課題を考えた。「市健康センターミルネの診療所としての機能が住民に十分知られていない」「丹波医療センターと地域の開業医の連携が重要」など、活発に意見が交わされた。立ち会った同センター幹部は「卒業後はぜひ丹波にきて、若い考えで新たな医療をつくってほしい」などとコメントしていた。(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ