丹波

  • 印刷
一対の写真と川柳で情景や思いを表現した「写真川柳展」=コミュニティカフェみーつけた
拡大
一対の写真と川柳で情景や思いを表現した「写真川柳展」=コミュニティカフェみーつけた

 一対の写真と川柳で情景や思いを表現した「写真川柳展」が、兵庫県丹波篠山市乾新町のコミュニティカフェみーつけたで開かれている。動物や風景、時代を描いた17点が並ぶ。29日まで。

 学校厚生会写真川柳会と大名草写真川柳会が合同開催。同カフェで毎年夏に企画している。

 キノコの陰からのぞき込むカエルをかたどった置物の写真には、「背伸びして黒い瞳の見る未来」の句を。水族館の青い大水槽を切り取った写真には「ケイタイを切って気分は深海魚」の句を付けた。令和や終戦を思わせる作品もある。

 両会を主宰する足立剛さん(81)は「句が写真をただ説明しただけにならないよう、独創的な川柳でうらなせることを心掛けています」と話す。

 土日休み。午前9時半~午後5時(29日は正午まで)。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ