丹波

  • 印刷
暗闇の中で幻影のように浮かぶ丹波竜の全身骨格レプリカ=ちーたんの館
拡大
暗闇の中で幻影のように浮かぶ丹波竜の全身骨格レプリカ=ちーたんの館

 夜間に恐竜化石などをライトアップして展示する「ナイトミュージアム」が、兵庫県丹波市山南町谷川の丹波竜化石工房「ちーたんの館」で開かれている。丹波竜の原寸大全身骨格(レプリカ)もカラフルな照明を当てられ、暗闇の中で幻想的に浮かび上がっている。18日まで。

 昼間とは違った雰囲気を味わってもらおうと毎年企画しており、夏休み中の子どもたちから人気を集めている。館内では、赤や青などの光が数十秒ごとに変色し、骨格標本の影が壁や天井に映る。展示内容は日中と同じだが、非日常感に包まれながら開催中の夏期特別展「恐竜の卵の秘密」も楽しめる。

 同市の祖父母の元を訪れている小学校3年生の男児(9)=千葉県館山市=は「今にも動き出しそうで、迫力満点ですね」と目を輝かせていた。

 ナイトミュージアムは午後7時半~同9時。大人200円、小中学生100円。ちーたんの館TEL0795・77・1887

(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ