但馬

  • 印刷
森甚ブランドを引き継いだ二方蒲鉾の二方道正社長(右)と森甚商店の森塚久志社長=二方蒲鉾
森甚ブランドを引き継いだ二方蒲鉾の二方道正社長(右)と森甚商店の森塚久志社長=二方蒲鉾

 兵庫県新温泉町名産「浜坂ちくわ」を手掛ける同町諸寄の老舗「森甚(もりじん)商店」が5月末に練り製品の製造を終了し、豊岡市瀬戸の「二方蒲鉾(かまぼこ)」が製造を引き継ぐことになった。パッケージや名称などはそのまま継承する。二方蒲鉾の二方道正社長(46)は「伝統の味を次代に残すことが但馬の練り製品の衰退を防ぐことにつながる。森甚の味を多くの人に伝えたい」と意気込む。(末吉佳希)

 森甚商店は1880年代に創業した老舗で、トビウオのすり身を練り込んだ「あご竹輪(ちくわ)」は2002年に水産庁長官賞を受賞。太めで弾力のある食感や魚肉本来の味を生かした風味が地元や鳥取、関東などのファンに親しまれてきた。

但馬の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ