但馬

  • 印刷
但馬で見られる在来種では最大の「オオクシバタンポポ」=豊岡市竹野町竹野
拡大
但馬で見られる在来種では最大の「オオクシバタンポポ」=豊岡市竹野町竹野
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
県道沿いに咲く「オオクシバタンポポ」=豊岡市竹野町竹野
拡大
県道沿いに咲く「オオクシバタンポポ」=豊岡市竹野町竹野
菅村定昌さん
拡大
菅村定昌さん
但馬で見られるタンポポを紹介するパネルが並ぶ=文森堂
拡大
但馬で見られるタンポポを紹介するパネルが並ぶ=文森堂

 兵庫県の但馬で最大のタンポポである。名前はまだない-。ごく限られた地域で毎年春になると、新種の可能性がある巨大なタンポポがひっそりと咲き続けている。花の直径が5センチほどもあり、但馬で確認されている11種のタンポポの中では最大。20年近く前に見つかったといい、仮称を「オオクシバタンポポ」という。学名もなく、正式な研究を待っている状況。なぜ但馬にあるのか。名も無きタンポポの謎に迫ってみた。(阿部江利)

 但馬の植物調査を長年続ける元小学校教諭で県生物学会但馬支部長の菅村定昌さん(61)=NPO法人コウノトリ市民研究所副代表=によると、中国山地などに自生するクシバタンポポに似ているが、葉が「くし形」にならない点が異なり、花が大型なのが特徴。北方系の在来種エゾタンポポの仲間とみられる。

 但馬では2000年ごろから「ばかでかいタンポポ」の情報が市民研究者から菅村さんに寄せられていた。研究者や市民らによる「タンポポ調査」が近畿で一斉に行われた05年、豊岡市竹野地域の1カ所で確認。その後、香美町の一部と京都府綾部市でも見つかった。西日本を対象にした15年の調査では山口県周南市に似た花が広く分布していたが、同じ種かどうか検討が必要という。

 竹野地域では今春も、大人の膝丈まで茎が伸びた巨大タンポポが咲き、綿毛を飛ばした。一方、香美町では数十株ほどに激減。菅村さんは「シカの食害やそれに伴う環境の変化が急激に進んでいる」と指摘する。名も無きタンポポは、名も無いままに消滅の危機と闘っているのである。

【タンポポ】2017年発行の「タンポポハンドブック」(文一総合出版)などによると、キク科タンポポ属の総称。日本固有のタンポポは約20~30種とされる。欧州原産のセイヨウタンポポなどの外来種や、外来種との雑種も増えており、多くは雑種という。背丈や種の重さなどに違いがあるほか、花の色や葉の形、がくのような「総苞外片」の形も異なる。日本の固有種の多くは5月初旬までに花が終わる。春から秋にかけて咲く欧州原産のブタナ(別名タンポポモドキ)など、よく似た植物も分布している。

■丹波通り太平洋側と日本海側を行き来か

 巨大な「オオクシバタンポポ」について、兵庫県生物学会但馬支部長の菅村定昌さんに聞いた。

     ◇

 Q なぜ但馬だけで見られるのか。

 A 詳しく研究する人がいないので推論だが、いろいろな可能性が考えられる。植物も年に40~2千メートルを自力で移動するともいわれる。但馬は中国山地の東端にあり、日本一低い分水嶺(れい)がある丹波にも近いので、植物も丹波を通って太平洋側と日本海側を行き来したのかもしれない。六甲山系なら標高700メートル以上でないと見られないブナが但馬なら400メートルから見られるなど、北方系の植物にとって住みやすい。朝鮮半島にも近く、大陸由来の植物もある。北前船の寄港地もあり、人の移動も影響しているだろう。

 Q 植物名を「タジマタンポポ」に命名できないか。

 A 学名を付けるのはものすごく大変。世界中の標本と照合して「他にない」と確認する必要があり、費用や労力を考えると難しい。和名も難しい。

 Q シカの食害や外来種の侵入は深刻か。

 A 但馬でも市街地などは外来種や人里植物があふれ、自生種を見る機会は減っている。シカに食われて自生地が消えた植物もあるが、古い集落やシカも寄りつかないような断崖絶壁などに希少な植物が残っているケースが多い。植物は人間や動物より世代交代が早いものが多く、進化も早いが、対応できないスピードで変化が起こっているのが現状だ。

■11種を写真や分布地図などで紹介

 但馬に咲くタンポポを紹介する展示が、兵庫県豊岡市日高町日置の書店「文森堂」で行われている。オオクシバタンポポやシロバナタンポポ、同市南東部の東床尾山で標本が採集されたヤマザトタンポポなど11種を、写真や分布地図、見分け方などとともに紹介している。9日まで。

 2019、20年は、市民らが5年周期で行う「タンポポ調査」の年に当たっていたことから、関心を持つ人を増やそうとNPO法人コウノトリ市民研究所副代表の菅村定昌さんが企画。市立コウノトリ文化館(同市祥雲寺)で3~4月に展示する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休館で中止になっていた。調査も21年に延期されたという。

 菅村さんは「但馬の中だけでもこれだけ多様なタンポポの奥深さを知ってほしい」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ