但馬

  • 印刷
田園地帯の池を染めるカキツバタやキショウブ=くぐり池
拡大
田園地帯の池を染めるカキツバタやキショウブ=くぐり池

 兵庫県新温泉町多子の田園地帯にある「くぐり池」で、紫や白のカキツバタや黄色いキショウブなどが見頃を迎え、初夏の水辺を彩っている。

 くぐり池は直径約15メートルの円形状の池。池の保全に努める同地区の区長、中井孝吉さん(63)によると、池の中央あたりにはフトイやコウホネなどの希少な植物も自生しているという。

 近くの看板によると、池の中心部から水が湧き、大雨や日照りでも水位が変わらないことから地元の「七不思議」に数えられる。西へ約24キロ離れた多鯰(たね)ヶ池(鳥取市)と底がつながっているとされる「伝説の池」としても知られ、「池に漬けておいた洗い物が多鯰ヶ池で見付かった」などの逸話が残る。

 カキツバタやキショウブはアヤメ科の多年草。湿地帯に群生し、5月中旬から咲き始める。中井さんは「今年もきれいに咲きそろった。6月中旬まで見頃が続きそう」と話している。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ