但馬

  • 印刷
机を離して給食を食べる6年生児童=竹野南小
拡大
机を離して給食を食べる6年生児童=竹野南小
弁当形式の給食を頬張る1、2年生児童=豊岡市竹野町御又、竹野南小学校(撮影・吉田敦史)
拡大
弁当形式の給食を頬張る1、2年生児童=豊岡市竹野町御又、竹野南小学校(撮影・吉田敦史)

 新型コロナウイルス感染拡大で休校している兵庫県豊岡市の小中学校で19日、登校可能日の給食が始まった。子どもたちは距離を空けて同じ方向を向いて座り、久しぶりの給食を味わった。

 同市では12日から週1日の登校可能日を設けており、25日以降は週2日に増やすことにしている。

 全校児童が24人と少ない竹野南小(同市竹野町御又)では、通常は全員がランチルームに集まって給食係が配膳するが、この日は4カ所に分散し、3年生以上は教室で食べた。プレートにはプラスチック容器に詰められたおかずと、個包装のナン、牛乳が並んだ。

 6年生の教室では児童3人が横並びで前を向き、無言で食べた。女児(11)は「久しぶりでうれしいけど、ちょっとさみしい」と苦笑い。スピーカーから人気アーティストの曲が流れ、女児(11)は「静かだからみんなの好きな音楽を選んで流してる」。5人きょうだいの長女という女児(11)は「家ではケチャップライスなどを作ってあげていた」と話していた。(石川 翠)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

但馬の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ