但馬

  • 印刷
「あつた蔓」の蔓牛づくりが始まった戦後間もない頃の資料を手にする渡辺大直さん=県立但馬牛博物館
「あつた蔓」の蔓牛づくりが始まった戦後間もない頃の資料を手にする渡辺大直さん=県立但馬牛博物館

 兵庫県新温泉町丹土、県立但馬牛博物館。その館内の壁には、但馬牛の本家本元とされる血統「あつた蔓」の“家系図”が紹介されている。

 血統の祖となる明治後期の雌牛「あつ」を筆頭に、大正天皇が観覧したという雌牛「ぬい」や、その息子の種雄牛「熱田」と「第二熱田」…。昭和にかけて熱田(現香美町小代区新屋)を中心に実在した名牛たちの名が壁一面に広がる。「熱田はまさに但馬牛の聖地」。そう語るのは、同館館長を今年3月に退任した渡辺大直さん(65)=新温泉町=だ。

但馬の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ