但馬

  • 印刷
三柱神社に展示された平面作品と立体オブジェ=養父市中瀬
拡大
三柱神社に展示された平面作品と立体オブジェ=養父市中瀬
トロッコに乗せられたマトリョーシカ=養父市中瀬
拡大
トロッコに乗せられたマトリョーシカ=養父市中瀬

 兵庫県養父市中瀬地区一帯で、鉱山町を舞台に現代アートを紹介する企画展「中瀬アートディスカバリー」が開かれている。展示作品を鑑賞するためにまち歩きをすることで、中瀬鉱山の歴史や町並みを楽しめる。最終日の29日には地元のガイドらが参加し、産業遺構とアート作品を探すツアーも企画されている。(桑名良典)

 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」のエリアで開催される「鉱山と道の芸術祭」の一環。

 中瀬鉱山は江戸時代から日本有数の金山として栄え、希少金属のアンチモンの産出量でも日本一を誇った。産業遺産の保存と活用に取り組むNPO法人「J-ヘリテージ」(神戸市)が主催し、地元の「中瀬金山会」が協力している。

 会場の一つ、三柱神社には美術家鈴木マヤ子さん(大阪市)が平面作品と立体オブジェを展示。また、中瀬金山関所広場を中心に、周辺の寺などにマトリョーシカ20体が隠されている。蓄電池機関車の上や寺の階段にちょこっと置かれるなど、趣向を凝らした紹介方法となっている。

 企画展は午前9時~午後5時。29日午後2時からは「中瀬ディスカバリーツアー」と題して、中瀬金山会のガイドらが産業遺構とアート作品を探すツアーを開催。先着15人。代表者名や参加人数、当日連絡先をメール(jheri.info@gmail.com)で送る。J-ヘリテージTEL078・599・5337

但馬の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 30℃
  • 17℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ