但馬

  • 印刷
「ねぎの酒蒸し」で最優秀賞に輝いた柴田唯さん=朝来市和田山町寺谷
拡大
「ねぎの酒蒸し」で最優秀賞に輝いた柴田唯さん=朝来市和田山町寺谷
岩津ねぎを使用した料理を作る出場者ら=朝来市和田山町寺谷
拡大
岩津ねぎを使用した料理を作る出場者ら=朝来市和田山町寺谷

 兵庫県朝来市特産の「岩津ねぎ」を使用した創作料理コンテストの本選が23日、同市和田山町寺谷の和田山クッキングスクールで開かれた。プロの料理人含む8人が50分間の制限時間で腕を競い、朝来市立生野中学3年の柴田唯さん(15)が出品した「ねぎの酒蒸し」が最優秀賞に輝いた。

 市主催で13回目。142作品の応募があり、8人が書類審査を通過した。

 出場者は手際よくネギをみじん切りにしたり、肉に巻き付けたりして、味に加えて見栄えなどにもこだわって料理を仕上げていた。

 最優秀賞の柴田さんは、酒などと一緒にネギを蒸した後、ユズの皮入りのみそや、かつお節、七味をトッピングした3種類をそれぞれ小鉢に盛った。「どの部分でも食べやすく、簡単にできるレシピを考えた」。

 一方、優秀賞は、シェフとしてミシュランガイドで星を獲得し、現在は料理学校で後進を指導する田中賢治さん(39)=神戸市須磨区=の「岩津ねぎと鶏肉のバロディーヌ岩津ねぎのポタージュ添え」。「揚げたりオーブンで焼いたり、ポタージュにしたりと三つの食感を楽しめるように仕上げた」と説明した。本選8品のレシピは市のホームページで公開される。(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(4月9日)

  • 17℃
  • 8℃
  • 20%

  • 16℃
  • 2℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ