但馬

  • 印刷
ドローンを使った物資輸送で連携協定を結んだ養父市と日本航空などの関係者たち=養父市役所
拡大
ドローンを使った物資輸送で連携協定を結んだ養父市と日本航空などの関係者たち=養父市役所

 兵庫県養父市は24日、緊急物資の搬送などについて小型無人機(ドローン)を活用する協定を、日本航空(東京)と結んだ。中山間地で医薬品などの物資輸送の新たな可能性を探るのが狙いという。3月にも、市街地の病院から25キロ離れた診療所までを飛行する実験を始める。

 実験に使うドローンの機体は、幅235センチで、重さは5キロ。固定翼があり、長距離飛行が可能という。1・2キロの荷物を運ぶことができ、今回の実証実験では養父市八鹿町八鹿の公立八鹿病院から同市出合の出合診療所を10~15分程度で結ぶ。

 ドローンの運行管理ソフトウエアなどを手掛けるテラドローン(東京)が技術協力を行う。最高速度は時速80キロで、主に八木川上空の高度150メートル付近を飛行する。自動走行が可能だが、実験では途中に監視員などを配置して、包帯や市販薬などを運ぶ予定。

 市役所で会見した日航事業創造戦略部の大森康史部長は「空の移動に関する安全面での当社の知見を生かして、災害対応や医療分野で、地域課題の解決を探りたい」と説明。養父市での実験については「国家戦略特区の指定を受けており、新たな事業創出のパートナーとして選んだ」と話した。

 養父市の広瀬栄市長は「停滞気味の特区事業の中で、過疎地域の活性化に資する事業だ。農業や医療分野、生活インフラの改善に向け、新たな一歩を踏み出すエネルギーになる」と意気込みを語った。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(3月31日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 18℃
  • 5℃
  • 30%

  • 16℃
  • 10℃
  • 30%

  • 16℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ