但馬

  • 印刷
海に向かう路地の一つ「日和見小径」=新温泉町諸寄
海に向かう路地の一つ「日和見小径」=新温泉町諸寄

 日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に認定され、観光客が増加している兵庫県新温泉町諸寄で、海岸部の路地9本に新たに名称が付けられた。北前船が停泊していた「北前みち」など地域の歴史にちなんで命名。住民でつくる諸寄活性化委員会は、路地の名称を記した地図を諸寄基幹集落センターに展示しているほか、路地に標識などを付けて紹介していく予定だ。(小日向務)

 古くから貿易や漁業で栄えた港町の諸寄や同町は、一昨年に北前船、昨年には麒麟獅子舞関連の日本遺産に認定されている。地区内には廻船問屋、絵馬や石灯籠が奉納された神社などが点在。地区を訪れる観光客は一昨年は約500人だったが、昨年は約1万人に急増した。

但馬の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ