但馬

  • 印刷
色とりどりに光を散らす花火を打ち上げた今年の「たけの海上花火大会」=7月30日、竹野浜海水浴場
拡大
色とりどりに光を散らす花火を打ち上げた今年の「たけの海上花火大会」=7月30日、竹野浜海水浴場

 兵庫県豊岡市の竹野町海上花火大会実行委員会は2日、2020年度に予定していた「たけの海上花火大会」を中止することを発表した。毎年7月末に竹野浜海水浴場(同市竹野町竹野)で開催してきた恒例の花火大会だが、来年は東京五輪・パラリンピックの開催期間中になるため、警備を担っていた兵庫県警からの派遣人員を確保できないとして、来年度のみ中止することを決めた。第50回の節目に当たる大会は21年夏の開催を検討している。(石川 翠)

 同大会は、地元住民団体や観光協会などでつくる実行委が続けており、今年の7月30日に49回目を実施。約2千発の花火が打ち上げられ、約3万8千人が訪れた。

 例年、大会の警備を県警に依頼しており、今年は機動隊20人と白バイ隊員2人、豊岡北署員32人の計54人が警備に当たった。

 実行委が来年度について県警に問い合わせたところ、東京などへの派遣が予想されるため、機動隊員が警備に当たれるかどうか不明との回答があった。民間の警備員も配置しているが、主に交通整理に当たっており、トラブル対応などは警察官が担ってきたことや、民間の警備員でまかなおうとすると警備費用が例年の5割増になることなどから、例年通りの警備機能を確保することは困難との結論を出した。

 全国各地で同様の理由により、東京五輪の開催時期と重なるイベント中止の事例があり、県内では三田市が花火大会を含む「三田まつり」の中止を発表している。

 実行委は「多くの人に楽しみにしてもらっており、苦渋の決断となった。節目となる50回目は21年度に実施する方向で検討する」としている。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ