但馬

  • 印刷
露天風呂に日本酒を注ぐ香住鶴の福本和広専務(右端)ら=かすみ矢田川温泉
拡大
露天風呂に日本酒を注ぐ香住鶴の福本和広専務(右端)ら=かすみ矢田川温泉

 「日本酒の日」の1日、兵庫県香美町香住区三谷、かすみ矢田川温泉で初の試みとなる「日本酒風呂」がお目見えした。血行促進や肌の保湿などに効果があるといい、地元の酒造会社「香住鶴」の清酒を注いだ湯船に客たちは肩まで漬かって体を癒やした。

 同温泉は新たな集客策として今年7月から第1、第3の月・火曜に「薬草風呂」を提供。9月には地元特産の二十世紀梨を浮かべた湯を実施したところ好評で、今月は香住鶴の協力を得て企画した。

 この日は男女の露天風呂に一升瓶各3本を用意。香住鶴の福本和広専務(35)らが少量ずつ湯船に注ぐと、日本酒の甘い香りが立ちこめた。常連客らは「バラの香りみたい」「ええ湯加減や」などと話し、顔は見る見る紅潮。朝晩2回の入浴を欠かさないという男性(82)は「香住鶴のお酒が一番好き。ぜいたくな風呂やね」と笑顔を見せていた。

 14、15日も実施する。入浴料620円(3歳~小学生310円)。午前10時~午後9時。同温泉TEL0796・37・1126

(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ